« 西荻日記 | トップページ | 三国志〈第4巻〉 »

2006年11月26日 (日)

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱 Book 涼宮ハルヒの憂鬱

著者:谷川 流
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 先日、友人のマサトクさんの家で夜を徹してぶっつづけにハルヒのアニメーションを観た。

 かたわらで、マサトクさんのハルヒ愛のこもった解説を一心に聴きながら、1話から観てゆきました。1話からといってもハルヒのアニメは話のカウントが変則なので、数えるのもひと苦労なのですが、まあ、ともかく8話くらいまで観ました。
 おもしろいよ、ハルヒ。
 細かいところまでよく作りこまれているし。

 知らなかったころは、涼宮ハルヒという美人でスタイルもよくて頭脳優秀だけど唯我独尊な性格の強烈な女子が騒動を巻き起こしつづける学園もの、というくらいの認識しかなかったけれども、マサトクさんの多大なる情熱をこめた雄弁を耳にしているうちに、次第に物語の全貌がつかめはじめ、時空間を超えて、ついには宇宙の果てまでたどりつくような振幅をもった構成であり、それでいてやっぱり一見は学園もの、であるみたいなことがわかってきたよ。

「原作とあわせて読むとこのアニメーションがひじょうに洗練されていることがわかる」とマサトクさんがかなりの熱をもって力説されていたので原作読んでみました。

 あいやいや、たまげたよ。
 構成とてもよいよ。謎の出しかたもよいし。
 これはそろえて読まないと。

 されど、キャラクターとしてはハルヒより長門さんのほうが好きだと思った。

|

« 西荻日記 | トップページ | 三国志〈第4巻〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/4317455

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱:

« 西荻日記 | トップページ | 三国志〈第4巻〉 »