« レイハル☆ヴォイスコレクション2006レポ | トップページ | 涼宮ハルヒの退屈 »

2006年11月26日 (日)

ふたりジャネット

ふたりジャネット Book ふたりジャネット

著者:テリー・ビッスン
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ポップでキュートな味わいの短編集。
 まるで中国の民話みたいな「熊が火を発見する」や、ショート・コントの「アンを押してください」、万能中国人ウィルスン・ウー・シリーズなど、どの作品も洗練されていていい感じですが、なんといっても表題作「ふたりジャネット」が傑作です。

「ふたりジャネット」
 読み終えてもなにがなにやらわからない。
 ママの特殊能力には結局何の意味があったの。
 ジャネットがふたりいるのはどうして。ユングの共時性。あるいは意味のある偶然の一致ということかな。
 それとも、そんな難しく考えずにもっと純粋に楽しむべきか。
 何回読みかえしてもわからない、そんな混乱がとても楽しいです。

 おすすめ。

|

« レイハル☆ヴォイスコレクション2006レポ | トップページ | 涼宮ハルヒの退屈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/4318045

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりジャネット:

« レイハル☆ヴォイスコレクション2006レポ | トップページ | 涼宮ハルヒの退屈 »