« 文学フリマでの戦利品 | トップページ | 涼宮ハルヒの消失 »

2006年11月30日 (木)

文学フリマレポ

Image159

11/12 14時ごろ

 当初の予定より、やや遅れて文学フリマに。
 秋葉原の東京都中小企業振興公社。1階と2階が会場。
 パンフレットをもらう。今日出店されているマイミクさんのブースはいちおう場所を確認していました。

 会場はすごいにぎわいです。
 まずはifさんを探す。
 白いスーツでおめかしされていたifさんは天女のごとしでした。いやほんとに、後光がさしていました。
 西荻の話などする。歌集を購入。
 そのあと4つ左隣の赤井都さんのブースにゆく。今年は豆本がおもに販売されてました。赤井さんの本はマメに買っているためか、新刊として購入したものはありませんでした。赤井さんとifさんをひきあわせる。
 puhipuhiさんのブースは、ifさんの斜め前でした。こちらも新刊として購入するものは残念ながらなし。ifさんのことはifさんのテキストサイトをとおしてご存知だったらしく、ifさんの短歌集も買われたようです。しかし、ifさんの斜め前というポジションは、眺めがよくてうらやましいなあとすこし思いました。
 りきさんやきねこさん、レイハルさんが来られたことを聞く。

「銀座線」11号を買う。昨年も買った文学団体です。

 2階にて。タカスギさんが店番をされている超短編マッチ箱でvol.6を購入。赤井さん、タカスギさん、佐藤弓生さん、がくしさんなど寄稿されてます。
 がくしさんはおうちの吉事につき、本日は来られていないとのこと。

 nijimuさんを見かける。ほかにもマイミクにあっていそうなものでしたが、買い物に夢中で、気がつかなかったのかもしれません。
 nijimuさんとifさん、puhipuhiさんをひきあわせる。puhipuhiさんはnijimuさんのサイトを存じてらしていて、やはり世の中は狭いですね、といいあう。

 ひとまわりして、もう一度気になったブースに行って、買ったりなどする。
 ケケさんから、歌人の石川美南さんもお店を出しているよ、といわれていたけれども見つからない。二巡してようやく歌集を発見して気がつく。石川さんも気がついてくれました。「ああっ」とはしゃいだ声を上げてくれる。ここまで再会を喜んでくれるとこちらもうれしいです。
『物語集』と『小清水さんが建てた家』と「寂しい栞」5枚セット を購入。
歌集の「砂の降る教室」は一般書店でも買えるそうなので、今度買おうと思いました。

 まもなく終了というところで、1階にもどる。ifさんは完売されたそうです。すごい。赤井さんのところは、ずっと盛況です。
 ifさんとpuhipuhiさんが話されていた。

 あの、ifさんpuhipuhiさん、もしよろしかったら、赤井さんやレイハルさんやnijimuさんりきさん石川さんも含めて、あらためてゆっくりお話しする機会を設けたりしませんか、賛同してくださるのでしたら、そうした方向に僕も動きますよ。

 楽しかったです。
 僕もまた名刺作ったり、ブログを建て直したり、しようとおもいました。作品も書かないと。

 この日、購入したものの感想は、また改めて。

|

« 文学フリマでの戦利品 | トップページ | 涼宮ハルヒの消失 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/4365636

この記事へのトラックバック一覧です: 文学フリマレポ:

« 文学フリマでの戦利品 | トップページ | 涼宮ハルヒの消失 »