« 文学フリマレポ | トップページ | 宮城谷昌光『三国志』第五巻 »

2006年12月 1日 (金)

涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失 Book 涼宮ハルヒの消失

著者:谷川 流
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 4巻目。長篇。
 いつものように登校して、教室に行ったらそこにハルヒのすがたはなく、まわりのみんなもハルヒの存在さえ知らなくて、そしてハルヒの代わりにいたのは、という怖い話。

 おもしろかったです。
 1巻以来の完成度で、このレベルを4巻にいっぺんでも出してくれれば、全巻そろえていいですよ、という気持ちになりました。
 時空間倫理の処理の方法が、子供のころに見たドラえもんの映画みたい。
 このつづきは続刊で書かれるのだろうか。

 これまで、巻きこまれ型でいた語り手のキョンが、この巻ではじめて自発して動き、じぶんの気持ちにめざめ、果たすべく突進したりします。オーヴァードライブ感にあふれていて読みごたえあり。

 長門さんによる、文系男子ならば、きゅんきゅんしてしまうこと必至の場面もあり、そして全体をとおしてみても、ああ長門さんな溜息の一巻です。

|

« 文学フリマレポ | トップページ | 宮城谷昌光『三国志』第五巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/4379208

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの消失:

« 文学フリマレポ | トップページ | 宮城谷昌光『三国志』第五巻 »