« 高原英理×東雅夫トークショーレポ(その1) | トップページ | 高原英理×東雅夫トークショーレポ(終) »

2007年8月31日 (金)

イノモケ文学賞公開選考レポ

(「高原英理×東雅夫トークショーレポ」のつづき)

 さて、募集から1週間で締め切りというスケジュールで開催された、イノモケ文学賞ですが、66篇もの作品が寄せられました。どれもこれもあの手この手でイノモケの魅力を引き出す傑作ぞろいであります。

 高原英理さんから、30編が選出されます。配布された応募全作品のプリントの順に沿って、30編読みあげられます。自分の作品が近づくと緊張してしまいます。僕の「箒」は選に入っていました。うっしっ。
http://blog.bk1.jp/genyo/archives/2007/08/post_1068.php
 高原さんは、春乃蒼さんの作品を4つも挙げておられます。感心する作風もあれば、「母の手」など非常にいやな思いまでさせてくれる、幅の広い作家さんだと、評価されておりました。

 つづいて、東雅夫さんの30選も挙げられます。こちらはあらかじめweb上で公開されてましたが、あらためて読みあげられます。東さんは、一作家は一作品というみずからの決めで選出されたようです。
http://blog.bk1.jp/genyo/archives/2007/08/post_1067.php

 ふたりのベスト30に共通に入っている作品は多く、18作。僕の「箒」も両方、ランクインです。おおおおおっ。
 全応募作に沿って、印象に残った作品、作家さんの所感が述べられてゆきます。
 松本楽志さんの作品イメージの訴求力。中根さんの条件のうまいお笑いぶり、君島さんの渋いうまさ、東さんは「嵐」に感銘を受けたそうです。日野作品の異色さ。不狼児さんの相撲怪談をふまえた作風。軽美伊乃さんの斬新であり、玄人好みの作品。甘南美さんの不思議さと最後のおどろき、高原さんの点数の高い作品です。ヒモロギさん「三尺坊」のうまさ。座我さんの面白さとひねり、松音戸子さんのSF版稲生、最後のSF馬鹿ラストも高評価。小松さんは「ちょっと泣かせる」「結構きた」と多大な評価。勝山さんは手堅く、毎回実によく作りこんでいる。今回の作品はジブリ風とのこと。葦原さん「八月一日」しつこく続いてゆく悪夢な感じがよい。久遠さん、広島といえば誰かが触れるであろう題材をうまく少年の叙情でとらえたよい作品。朱雀門出さんの宮沢賢治風のしみじみさ。クジラマクさんの毒に満ちたアメリカ怪談。仙人掌さんのユーモア。迷跡さんの鴎外な印象もあるおとぎばなし。などなど。
 僕の「箒」は、着眼点と「この箒がいいのよ、凛として」という高原さんのことばと、東さんからは最後の方で明かされるところがよい、とのことばをいただきました。僕はそのとき、うつむいてました。

 いよいよ、しぼってゆく段階です。公開選考会です。高原さんがはじめられた企画なので、高原さん主導ですすめられてゆきます。
 小松さん、甘南美さん、の作品についで、おどろいたことに僕の「箒」も最終候補に挙げられました。大賞決定は、すぐには出ません。高原さんも苦悩されてます。
 もう、ボルテージあがりっぱなし、緊張しまくりです。
 結果は、それでも順当に、

最優秀賞  小松風鐸「畜生の独白」
高原英理賞 甘南備あさ美「三次育ちじゃけ牡蠣あんまり食べんかった」
東雅夫賞  君島慧是「嵐」

 と決まりました。
 このご三方には賞品が送られます。しかし、この場には3人ともいらっしゃいませんでした。

 ところで、今回応募された方で、今日の選考で名前が出た方は前に出てください、とのことで6名ほどの人が、立ち上がります。僕も出ます。
 みなさんの前で、マイクを渡され、一人一人自己紹介。思いもがけないことで、こんなことだったら、ヒゲくらい剃ってくるんだったとはげしく後悔。
 賞品を応募されたみなさんにもさしあげます。残ったもので、お好きなものを取ってください。このなかでは、まずは、添田さんから。との高原さん。へこへこしながら、たくさんの賞品の前に立ちます。お知りあいの勝山さんが「ハウス、ハウス」と誘導的な声をかけてきますが、宇野作品が好きなので、寺山修司「ひとりぼっちのあなたに」画:宇野亜喜良を取りました。

 最後に締めとしてのイノモケ文学賞の総括などがまとめられます。

 一週間でも、てのひら作家さんたちによる、これだけの質の高い応募があったのですから、これからも突発的でもこうしたイベントはぜひ、おこなってください。たいへん有意義だと思います。選考が丁寧で、多くの作家に言及があり、作品に講評をいただけるので、書き手としても、多大な励みにもなり、作品向上の気づきにもつながります。僕も高原さん、東さんの評価をいただいて、自信につながりました。賞は逸したけれども、得たものは大きく、この日のことは忘れないです。

 時間も予定の17時を過ぎていましたが、こちらも公募されていたイノモケのイラスト部門の作品披露です。そのあとはサイン会になります。

(つづく)

|

« 高原英理×東雅夫トークショーレポ(その1) | トップページ | 高原英理×東雅夫トークショーレポ(終) »

コメント

 当日参加できなかったもので、自分の作品がどんな評価を得たのかを知りたく検索したところ、運よくそえ様のブログを読むことが出来ました。他の方の作品評もレポートしていただいているので、参考になります。なるほど拙作は不思議さ、驚きが評価されたのですね。甘南備あさ美と申します。高評はしかし、広島在住経験が活きたのだと思います。
 西荻はわたしもときどき行きます。骨董屋や音羽館をのぞきます。古書店が多く羨ましいです。それでは。レポート、ありがとうございました。

投稿: 甘南備 | 2007年8月31日 (金) 10時48分

甘南備さん、いらっしゃいませ。
まさかご本人からコメントいただけるとは思っておらず、イベントレポート書いてよかったと感じ入っております。
レポートにも書きましたが、高原さんの点数がとても高く、べた褒めされてましたよ。
広島の方だったのですね。

西荻暮らし一年のそえです。まこといい町です。

投稿: そえ | 2007年9月 1日 (土) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/7747452

この記事へのトラックバック一覧です: イノモケ文学賞公開選考レポ:

« 高原英理×東雅夫トークショーレポ(その1) | トップページ | 高原英理×東雅夫トークショーレポ(終) »