« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月25日 (木)

お知らせ(その4)

 ポプラ社から今年の12月に刊行予定の「てのひら怪談2」に僕の作品も掲載されます。

 いい表紙ですね。ゆらゆらしています。
 包むようでもあり、掬うようでもあり。

 収録作品一覧


 ここに掲載されてある順に収録されるのかどうかは、今の時点では、はっきりわからないのですが、もしそうだとしたら、クジラマク「赤き丸」にはじまってヒモロギヒロシ「死霊の盆踊り」で終わるという、2大快作が露払いであり、締めであるというすさまじい構成になるのですね。
 ポプラの方によれば、収録順にも存分に趣向が凝らされているそうですから、改めて読んでみるのが、今から楽しみです。
 僕の作品は添田健一「食卓の光景」で、20作目に収録です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

お知らせ(その3)

 ポプラ社のWebマガジン「ポプラビーチ」内「週刊てのひら怪談」西荻シリーズに、僕の入選作「象を探して」が掲載されました。
 中村平信斎さんの「空飛ぶピンクの象」とともに掲載です。
 2頭のピンクの象が空を飛びます。

 僕のさわやかなプロフィール文もあわせて読んでいただけると幸いですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

お知らせ(その2)

 Web幽の読者投稿怪談に添田健一名義で2作掲載されました。
 1200字怪談。

テーマ 熱帯夜

樹下の蛇

テーマ スポーツ

赤い弾丸を守る女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

お知らせ(その1)

 秋山真琴さん編集長の
オンライン文芸マガジン『回廊』第13号にて
月夜に出逢う【月】小説特集として
僕の読切作品も掲載させてもらいました。

添田健一「流れる月の王国」
http://magazine.kairou.com/13/

 400字詰め原稿用紙換算35枚です。
 ジュブナイル風のファンタジーです。
 よろしかったら、お時間のあるときなどに読んでください。
 ほかにも13号の特集記事やイラスト、お勧め作品紹介は恵久地健一@副編集長による紹介文がブログに掲載されてますので、ぜひご一読を。
http://magazine.kairou.com/

 恵久地さんの紹介文によると、拙作は、雰囲気として「サン=テグジュペリ『星の王子さま』にも通じるもの」があるのだそうです。
 たとえられる作品がすばらしすぎて恐縮ですが、盲目の少女のメッセージ性やシンボルとして大樹が登場するあたりなど、なるほどと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »