« 島本理生『大きな熊が来る前に、おやすみ。』 | トップページ | 剣客之恋 »

2008年1月27日 (日)

言壺 赤井都豆本個展@高円寺ノラや

Image765Image766
Image767_2
 
 
 
 
 
 
 
 先日、高円寺にいった折りにノラやへ。
 赤井都さんの小説雑貨の豆本個展会場なり。
http://miyako.cool.ne.jp/kototsubo/index.html

 アンケートに答えて豆本カタログを入手。
 先日の東京新聞掲載記事のコピーも展示されています。
 展示されている豆本は、赤井さんとの交友も長い僕にとっては持っているもの、ワークショップで作ったものも多かったですが、新作もありました。

「淑女のノート」「紳士のノート」
 特製函入りで布装で名前の通り非常にシックで大人仕様の豆本です。もっと詳しく見たい方は上記の赤井さんのサイトからご覧になれます。
 収められている作品のなかでは「泉のほとり」が好きでした。

「言壺 赤井都 豆本カタログ」
 豆本作家赤井都さんの制作年代順に作品が紹介されています。きちんと作成年代がわかるように作品個個にコードナンバーが振られているのですね。古い作品には懐かしいものも感じられます。
 僕も何度かしたことのあるガチャポンはマシンとともに各所を移動し、もう1,000球以上も落とされているとのこと。というかガチャポンにも単位があることを不覚にもはじめて知りましたw

「朝の土から拾う」は品切れだったのか見かけませんでした。

 ノラやのかたからうかがって、赤井さんの豆本製作過程の展示も見させてもらいました。赤井さん手書きの文字から製作の途上における苦悩や試作のようすがうかがえて興味深いです。
 おどろいたのは、世界の豆本コンペティション受賞の賞状が展示されていたことです。V2であるゆえに、2枚掲げられています。すばらしい。


 開催は2月末日までです。

|

« 島本理生『大きな熊が来る前に、おやすみ。』 | トップページ | 剣客之恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/10097086

この記事へのトラックバック一覧です: 言壺 赤井都豆本個展@高円寺ノラや:

« 島本理生『大きな熊が来る前に、おやすみ。』 | トップページ | 剣客之恋 »