« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月24日 (土)

黒史郎『黒水村』

黒水村 (一迅社文庫 く 1-1) Book 黒水村 (一迅社文庫 く 1-1)

著者:黒 史郎
販売元:一迅社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 黒史郎『黒水村』
http://www.bk1.jp/product/03004423

 ホラー小説の新鋭作家、黒史郎の初のライトノベル作品。初でいいのですよね。

 昨今のライトノベルは、涼宮ハルヒのほかは読んだことがないので、ライトノベルとしてどうなのかは僕には評価できません。ホラーとライトノベルの相性もよくわからない。

 単位の足りない学校の問題児たちのために組まれた課外授業の一環として訪れた、深い山村「庫宇治村」。
 黒い影に囲まれた、携帯電話もつながらなければ、電話さえ村でひとつの病院にしかないという、閉ざされたこの村には、鮮血の色をした赤い果実「アカモロ」が無数に茂っていた。
 作家志望の「わたし」をはじめとする七名の生徒と引率の若い地味な女教師は、不気味な黒い雨の降る、この閉ざされた村で名状しがたき怪異と遭遇することになる。


 以下、完全にネタバレレビューです。






 冒頭はひじょうにこの作家らしいのですが、読みはじめてすぐは「えっ、これほんとに黒史郎さんの作品」とおどろいてしまうくらいに、雰囲気がいままでの作品とよい意味でちがいました。話がどちらの方向に流れてゆくのだろう、と読み進めながらも、期待が高まります。
 最後の100ページくらい、黒い雨が降り、病院の場面になってからは、もう一気に最後まで読み通してしまいました。ラストの余韻もよかったです。

 ニリツさんのイラストは非常に印象があり、絵もきれいなのだけれども、口絵は作品の序盤ばかりで、せっかく後半に女子高生が銃を手に、怪物と戦う場面があるのに、使わないのはもったいない気がしました。まあ、この辺にはいろいろ事情がありそうですねw

 語り手の少女、立花玲佳さんが、作家志望なのだから、もう少し、推理の場面で活躍して欲しかったし、銃をはじめて撃ったときの心理も微に表現してもらいたかったけれども、まあ、それは欲目というものでしょう。


 そのほか感想。

・方言のリズムがすごいいい。トギさんのしゃべりもよし。
・クトゥルーっぽい雰囲気がよい感じ。

・わたしがニーソックスにペレッタをはさむ場面は、絵としては非常においしいと思うけれども、実際にはこういうことは可能なの。銃口熱いし、銃そのものの重量もあるし、歩けるのかな。

・秋葉くんにはもう少し活躍してほしかったし、語りも聞きたかった。
・金城ゆらぎさんはやっぱりかわいそうすぎる。前半がああだっただけに余計に効果がある。「は、わい」の一言がせつない。
・月音さんの最後の柚子季にしめす愛情はとてもよかった。これまたせつない。
・片平先生の劣等感を示す場面には、身をつまされました。
・でも、「地獄が大好き」というのがいいですね。
・アカモロの正体がわかったときは、うげー、と思った。

・生きる力、命を--「なめるな!」は啖呵として名ゼリフだっ。ほんとうにそのとおりで、読み手の気持ちを一言で代弁している。ここまで追い詰められたわたしからこのセリフが聞けただけで、読んできた甲斐があった。これぞ小説の醍醐味だ。


 続編はあるのでしょうか。僕としては、大人になった立花さんの話が読んでみたいです。

 ところで、ライトノベルで、惨殺場面って、普通にありなんですか。僕はひとが殺される描写さえもないものなんだと思っていましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

春の文学フリマ2008

Image947  行ってきました。
 まずはifさんのお店へ。
 ifさんの短歌集「ドミナント」と「短歌たん」をセットで購入。「短歌たん」には細かいキャラクター設定までほどこされているのですね。
 持参していた西荻ブックマークのチラシをお渡しする。

 近くだった歌人の石川美南さんのお店へ。こちらにはすでにnbmのチラシが置かれています。
 カード式作品集「夜灯集」購入。カードも一枚いただいて、レターに入れてもらえる。
 席を外されていた橋目さんともお会いする。また、西荻ブックマークのイベントにもぜひいらしてください。

 慶應のSF研ブースに。よく知った人に会う。ホライズム購入。

 でも、あまり知っているひとに今回は会わないなあ、と思っていたら、飯田さんのブースでブルボン小林さんにお会いする。長嶋有さんというべきかな。あいや、僕のことなどおぼえていてくださって恐縮です。

 1時間半くらい会場をうろうろする。あまり見知っている出店もないなあ。知りあいにも秋のときほどはお会いできず。

 西岡兄妹のお店では帽子をかぶったお兄さんが売り子をされていた。

 タキルというお店で添田小荻さんという書き手の方がいて、勝手に親近感おぼえる。

 早稲田文学が盛りあがっていた。フリーペーパー渡される。表紙の川上未映子さんが文学少女ルッキンしていて、いい感じ。そして、海猫沢めろん先生の寄稿が。

 帰り際、石川美南さんとエントランス付近でばったりする。またいろいろ立ち話。会場の熱気あたりでくらくらしていましたが、石川さんの笑顔で救われました。

 購入した短歌集の感想はまたあらためて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »