« 未来百怪オフ | トップページ | 第26回西荻ブックマーク 中央線の酒と薔薇と古本の日々~古本酒場ものがたり~(スタッフ日記) »

2008年9月22日 (月)

第25回西荻ブックマーク 堀内薫「キャトランドーレの世界を語る」(スタッフ日記)

54    
   
   
  
   
   
   
   
   
   
   
   
9/21 15:00

 北尾トロさんの事務所にゆくものの、手違いで空いていなく、仕方なく、ひとまずパラディス岩崎さんのワゴン車に乗って、本日の会場である西荻南のスタジオマーレへ。
 ワゴン車のワゴンに乗りました。こういうところに乗るの子供のとき以来。

 マーレにはすでに堀内薫さんが奥様とともにいらしてました。
 搬入開始。

 魔法陣の細密なる鉛筆画やキャトランドーレの工芸品を飾ります。
 鉛筆画は繊細で、透明で、鉛筆だけなのに水の質感から、絹の透き通り具合までが微細にあらわされていて、展示を手伝いながらも、魅入られてしまいました。吸いこまれそうな美しい世界。
 工芸品は思っていたよりも重くて、配置するのに緊張しました。
 それにしても、工芸品ひとつがおかれただけで、なにもないスタジオがあたり一帯の世界が変わったようになるから神秘です。
 北尾トロさんも食い入るようにして、見ておられました。

 会場の設置開始。
 おつりがないことに気がついて、音羽館まで走って、両替にいったりした。
 今回の担当のりきさんと司会進行の原田史子さん、堀内さんは喫茶店「赤レンガ」で打ち合わせ。

 16時半。開場。
 いちばん最初に来られたのは、五十嵐彪太さんとマンジュさんでした。おおっ、いらっしゃいませ。
 秋山真琴くん、言村律広さん、夏目陽さんも来られた。

 17時。北尾トロさんから挨拶。

 西荻ブックマークのスタッフ、原田史子さん司会進行で第一部のトークショーが開始。
 キャトランドーレとは何か、から始まって、堀内さんの幻想作品の原典というべき、20年ほど前のオーストラリア滞在記の話など。日本では考えられないくらいのスケールの大自然を前にした自転車旅行のようすは、ときには笑いを誘われもし、ときには語られる神秘なる光景に目を見張らされました。
 堀内さんの声はたいへんよく通っていて、トークもお上手でした。
 第二部は、製作の実演。
 実際に粘土をこねられて、製作の過程の一部を実演披露してくださいます。
 会場には、まだ製作途上である、まだ焼いていない粘土を使った作品が展示されています。
 思いもかけない身近な道具を使った、製作のようすにはギャラリーからも歓声があがりました。
 配布されているカラー写真つきの資料をもとに説明がされます。

 僕は堀内さんの近くで、机を押えたり、切り落とされた粘土を片付けたりしていましたが、スタッフの役得というべきか、堀内さんの製作のようすをごく間近で見ることができました。

 製作の上での苦労話も聞かせてくださいます。
 最後は質疑応答。長年の堀内さんのファンの方ならではの鋭い質問から、はじめて堀内作品に触れる方からの素朴な質問まで、冗談を交えながらも堀内さんは丁寧に答えてくださいました。

 盛況のうちに、イベントはつつがなく終了。

 搬出。工芸品は堀内さんたちが片付けられたのですが、はたで見ていても緊張しました。

 そのあとは打ち上げ。
 堀内さんからも興味深いお話も聞けた。今度は鉛筆画の製作のお話もぜひ聞かせてください。

 それにしても、今回のイベントは画期的で、まさに西荻ブックマークならではのよさが前面に出ていたよいイベントでした。自画自賛になりますが、西荻ブックマークって、いい催しやるよなあ、と傍らで感心しながら見ていました。

 忙しくて、せっかく来てくださった方ともあまりお話もできませんでしたが、また興味のあるイベントがありましたらいらしてください。

|

« 未来百怪オフ | トップページ | 第26回西荻ブックマーク 中央線の酒と薔薇と古本の日々~古本酒場ものがたり~(スタッフ日記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/23937734

この記事へのトラックバック一覧です: 第25回西荻ブックマーク 堀内薫「キャトランドーレの世界を語る」(スタッフ日記):

« 未来百怪オフ | トップページ | 第26回西荻ブックマーク 中央線の酒と薔薇と古本の日々~古本酒場ものがたり~(スタッフ日記) »