« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

雀野日名子「トンコ」

トンコ (角川ホラー文庫 (Hす2-1)) Book トンコ (角川ホラー文庫 (Hす2-1))

著者:雀野 日名子
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作である表題作をふくむ3作品が収録された短編集。「生き屏風」の田辺青蛙さんと同時受賞作。

 bk1での購入はこちら

 ネタバレあり、感想です。

「トンコ」
 高速道路での運搬トラックの横転により、一匹の雌豚、「トンコ」が脱走する。先に運び出された兄弟たちの匂いを頼りに、逃げ続けながらも、山林を海辺を人の町をさまようトンコ。かつての兄弟たちとの思い出を胸にさまよいつづける。はたして再会できるのか。

 食用豚が主人公という着眼がまず、目新しいですね。
 トンコがはじめ「063F11」と記号化されているので、「063」が親番号その雌の11番目の子供だから、この記号なのかな、とか推測してしまいます。
 冒頭を読むと、ホラーというより、SFっぽいけれども、その境界線の揺れ具合が読んでいて楽しいです。
 実際、運び出されるトンコが繁殖用豚舎を横切った際に、母豚こと「F11」を嗅覚で察知する場面があるけれども、そのときの彼女は交尾の真っ最中で、このあたりの描写はまさしくオートメーション化された機械を見ているかのようでした。

 脱走し、山林を駆けめぐるトンコの描かれぶりには疾走感がある。小柄で短い肢の豚の逃走場面であるにもかかわらず、失踪感があるのです。

 豚であるゆえに、心理描写も人間のように細かくは描かれず、論理ある思考とも無縁のままトンコは逃走を続ける。トンコを探す豚舎の職員、警察、ネットでこの騒動を知った野次馬で凶暴な少年たち、かれらの捜索と包囲と平行して描かれるトンコの逃走ぶりはスリリングでもあります。

 やがて、日没の迫る人気のない浜辺にたどりつくトンコ。夕暮れの波打ち際をさまよう豚の姿はどうしてだか美しく映ります。

 そして、あまりにも残酷な兄弟たちとの再会と、逃走劇の決着へとたどりつきます。
 ラストはどう終わるのだろうか、と気になっていたのだけれども、これまた美しくも残酷極まりない、それでもそういうものなんだろうという諦観を暗示させる最後を迎えます。なんとも複雑な思いを抱かせる作品でした。

「そんび団地」
 両親の喧嘩といいあらそいが絶えない家庭で育つ小学生のあっちゃんの視点から描かれた物語。
 ぞんびとこっくりさんをやる場面がなんともシュール。
 お父さんが闇夜に埋めるものをのぞきこむ場面がこれまた残酷。

「黙契」
 前作の「あちん」に収録されていた宮地ちゃんの話が自分にとっては、身につまされて痛い話であったけれども、これまたつらい話だと思った。
 生まれた土地を離れて、東京に出てくると、ときに身も思いも引きちぎられるような思いを抱くことがあるけれども、それが極端になるとこういう悲しみが起きるんだと思う。歯車がひとつはずれただけで。
 残されたお兄さんのつらさの描写も身に沁みた。

 収録作では「トンコ」が好き。こういう変わったテイストの作品をもっと書いて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

田辺青蛙「生き屏風」

生き屏風 (角川ホラー文庫 た 2-1) Book 生き屏風 (角川ホラー文庫 た 2-1)

著者:田辺 青蛙
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作である表題作をふくむ3作品が収録された連作形式短編集。

 bk1での購入はこちら

 帯の惹句には「しみじみ泣けてくるホラー小説」とありますが、僕の感じとしては、ほっこりくる暖かい不思議な味わいの怪談連作です。

 村はずれに暮らす妖鬼の皐月(さつき)のもとに、風変わりな依頼が持ち込まれてくる。一昨年に亡くなった酒屋の奥方の霊が屏風に宿り、なにかとわがままをいって、家のものを困らせているのだという。皐月は奥方の話し相手になって欲しいと頼まれるのだが。
 ほどよい距離感が心地よい雰囲気の作品群です。

 ところどころ、使われている語句が硬く、現代的で、もうひと選りしたほうが、和のテイスト、作品の雰囲気になじむかな、という点は全体に見受けられるのですが、それでもこの世界の独特の雰囲気と不思議さを違和感なく築き上げているところや作品として落としこめているあたりは好印象です。

 なかでも作中で出てくる飲み食いの光景のなんとあざやかであること。読んでいるだけで、こちらまで妖しい宴にひきこまれ酩酊してくるほろ酔い加減を満喫できます。

 以下、各短編の評。ネタバレありです。

「生き屏風」
 もう、冒頭からしてすばらしいの一言。
 読み手の意表を突いているし、なおかつ、続きを読まずにはいられなくなります。
 その後の展開も自然な流れで、妖鬼とはなにかから、いまの酒屋のお家事情なども過不足なく読み手に伝わります。
 酒屋に住んでいる人間のどうしようもない人間らしさが描かれているところも目配りが効いています。

 皐月が夏の夜空を見あげる場面が好き。

 最後の海の情景も眺望よく、読後感としてもしんみり。馬の首のなかで眠る女が海のなかで眠る生き屏風へと導くのですね。

 ラストの挿話は蛇足かな、と思いましたが、後続の作品を読んでからは作者の構成の妙と先見に恥じいってしまいました。

「猫雪」
 この短編集のなかでいちばん好きですね。
 家業を弟に丸投げして、なにをするでもなく家で始終だらけてばかりの次郎のどうしようもなさがなんとも憎めず、ほほえましい。

 雪に変化して、村のあちこちに、かつて情を交わした女の肌に、子供のときに出会った村はずれの妖鬼(もちろん皐月である)の目睫に、雪となって降る描写はほのかに官能じみており、あざやかで、全体観があります。
 お酒を飲みながら、読むとまた楽しいかも。

「狐妖の宴」
 これといって大きな事件も起きず、なんとはない春の村のひととき。
 登場人物もそろった感じで、お膳立てが整ったところで、ほのぼのとひとまず閉幕。


 などと書いていたら、どうやらシリーズ化決定だそうです。続刊が楽しみです。

 以前も書いたけど、あらためて。巻末収録の作者の受賞者の言葉はしみじみとしていて、一読忘れがたいよい一文です。

 今宵も皐月は馬の首のなかで眠っていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

豆本フェスタ

Image1152Image1154Image1157    
     
   
   
   
   
   
  
10/13 12:30ごろ

 豆本フェスタへ。この日はイベントの二日目。

 JR御茶ノ水駅で下車して、会場の東京古書会館へ。

 入り口で、ガラスケース内の展示を直していた赤井都さんといきなり会う。「こんにちは」
「寒中見舞」や第一から三の手紙を拝見させてもらう。赤井さんみずから作品解説つきというなんという豪華さ。
 昨日は報道もたくさん押し寄せていて、にぎやかこのうえなかったとのこと。豆本ブームですね。僕の知り合いの作家さんたちも多く来場したらしい。
 赤井さんの許可を得て、撮影。写真1の手は赤井さんの手なのだ。

 会場内の葉原あきよさんのオレンジ宇宙工場にて、みねぎしさんとばったりする。夢姫こと夢乃鳥子さんの受賞のことなど話したりする。ほんとにてのひら組はおめでたつづきだ。みんなすごいね、なんていいあう。
「豆本女子」のブースにて、赤井さんの豆本はすでに多くが売り切れ。高価な品はとても手が出ませんw
 和綴じ本好きの身としては、瓢箪堂こと五十嵐彪太さんの「あやし」と蓮月堂こと武田若千さんの散文書書ははずせないところ。内容も和のものがいいので、このセレクト。購入する。
 音羽館のひとでnbmで昨日もお会いしたかたと会場内でばったり会う。思わぬところでお会いするものでw

 いったん、外に出て、神保町をうろうろ。祝日なので、よくゆく店は閉まっていた。

 再入場。入場券でもあるパンフレットがあれば、何度でも入れるのです。
 五十嵐彪太さんと会う。12月のイベントの話などする。夢乃鳥子さんの作品は昨日のみの展示だったとのこと。ううむ、残念。

 水野真帆さんのブースへ。水野さんも僕をおぼえていてくれて、うれしいかぎりです。アリスのノートとグリム童話の豆本を買う。

 知人ではないひとのでは、「どーる・HONOKA」の月世界旅行の豆本を購入。月旅行の7日間の旅行案内と旅券が細密な構成とすごい凝ったつくりでできています。なによりもメルヘン仕立ての月世界周遊地図がついているところが地図好き紀行好きの身としてはたまりません。

 小さな本の大きな世界を知った日でした。

[この日の購入物](写真3)
オレンジ宇宙工場
・muica vol.4
・「空に地球はないけれど」

豆本女子
 瓢箪堂「あやし」
 蓮月堂「散文書書4」

どーる・HONOKA
 「月世界案内指南旅之枝折」

水野真帆paper company
・ROTKAPPCHEN
・Alice in wonderland Notebook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

第26回西荻ブックマーク 中央線の酒と薔薇と古本の日々~古本酒場ものがたり~(スタッフ日記)

Image1146Image1147

10/12 15:00

 北尾トロさんの事務所に集合。
 今回は100人規模のイベントで、会場のこけし屋の2階に入れるのは、開場の30分前の16時。つまり、搬入、会場設置を30分ですべて終わらせなければならない。手伝えるスタッフも少ないので、大急ぎで準備する。

 事務所で、スタッフ4名で100人に配布するチラシと資料一式をまとめる。
 15時45分ごろ、こけし屋の2階へ。新しいスタッフの人と合流。

 16時。開場設置スタート。
 前もって役割分担していたとおりにチラシ一式を配ったり、マイクテスト、プロジェクターの調整など。
 16時半ちょっと前には、すでにお客さんが来ていた。
 ほとんど切れ目がないくらいに、お客さんが来て、早めに席が埋まってゆく。
 17時ちょっと前に、マサトクさんが、お連れふたりもそのもうちょっとあとに来てくれる。おおっ、お待ちしておりました。

 17時。スタッフのパラディスさんの前説でスタート。プロジェクターでコクテイルまわりの画像が流れる。
 作家の角田光代さんと高円寺名物の古本酒場の店主の狩野俊さん登場。

 トークショー開始。狩野さんの本の出版記念のイベントです。角田さんの絶妙な突っ込みと質問に会場は頻繁に笑いの渦が起こりました。
 45分ごろから、角田さんによる狩野さんの本の朗読。

 18時前より。いったん休憩。狩野さんの奥様の手によるカクテルのテイスティング会。ひとりがみっつのカクテルを味わいます。
 1階で休憩されている角田さんのもとに、角田さんの後輩ふたりをご案内したりする。知らされていなかったのか、角田さんは驚き、喜んでおられました。

 僕はカクテルはちょっと遠慮して、マサトクさんや来てくれた作家の旧友と話したりする。

 第2部はさらに距離が間近になったかたちで、いましがたの会場みなさんの試飲アンケート結果から、カクテルの名前を決めることに。日本酒をベースにしたカクテルがいちばん人気だったみたいです。
 この日、その場で決定というわけではなかったけれども、このカクテルは角田さんも気に入られたようす。

 途中から、フリーライターの岡崎武志さんや国分寺の名物古道具屋ニコニコ堂のご主人たちもトークに加わり、よりいっそうなごやかな雰囲気に。
 会場から起こる笑いも絶えずに、盛況のまま閉幕を迎えました。
 そのあとはサイン会。

 ふたたび、マサトクさんたちと話したりする。いろいろ交流も深まりました。
 来ていただいてありがとうございます。

 来場者は110名を超えて、西荻ブックマークのイベント史上でも最高数の客入りでした。
 人でも少なく、直前までばたばたしていて、なにかとたいへんだったけれども、盛会に終わってほんとうによかった。

 そのあとは打ち上げ。22時ごろまで。

 さらにそのあとにスタッフだけで、おなじみの西荻ポルカに。

 さあ、12月のイベントに向けて、がんばってゆきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »