« 幻視コレクションに掲載されます | トップページ | 【告知】幻視コレクション »

2008年11月 5日 (水)

文豪怪談傑作選/金井田英津子原画展

11/3 13時ごろ
「文豪怪談傑作選/金井田英津子原画展」
 ちくま文庫の文豪怪談傑作選の原画が金井田さんの解説つきで、展示されていました。三島由紀夫の本の表紙ではタイトルに隠されていたお内裏様も拝見できてよかった。
 いちばん印象に残ったのが、ただならない表情をした童子を正面から描いた室生犀星集の表紙だった。


 神保町。祭りへ。通りを歩いているだけで荷物が増えてしまい、重くなってゆくという罠。
 妖怪のブースで、京極さんや日本物怪観光の天野さんが売り子されていた。
 木耳社のブースで値切って本を購入した。

 14時より、加門七海+金井田英津子+東雅夫トークショー
「お化けと文豪と古本と」
 装丁の山田英春さんもトークショーに加わっていた。
 タイトルどおりに文豪と古本の話がびっしりで時間オーバーも気にかからず、トークショーは終了。
 京極さんや天野さんも時折り、はなしを振られていました。

 イベント終了後、会場にいらしたりきさんと田辺青蛙さんを引きあわせたりする。勝山さんから、活の言葉をいただきました。ありがとうございます。

 17時から、すっかり宴会部長、名幹事となった立花腑楽さんの誘導のもと居酒屋へ。
 ホラー小説大賞を受賞されたばかりの田辺さんの音頭で乾杯。
 はじめてお会いするかたも何人か。
 bk1のかたのテンションが高かった。コルサタルの話とか、したかったな。残念。
 だいぶ酔ったので、ゆけゆけ田辺青蛙さん企画以外の話はよくおぼえていないです。

 腑楽さん、峯岸さん、田辺さん、侘助さん、僕のメンバーで2次会へ。
 ここでも田辺さんの先日のホラー小説大授賞式の話などうかがいました。

 腑楽さん、幹事おつかれさまでした。おかげで楽しかったです。

 次は文学フリマ会場か、12月の西荻での超短編イベントにてお会いしましょう。

|

« 幻視コレクションに掲載されます | トップページ | 【告知】幻視コレクション »

コメント

 お邪魔かと思いましたが,こんな顔ぶれと直に接することが出来る機会はそうそうないと,二次会までついて行ってしまいました。
 熱く語られる皆さんのお話に,ほおっと酔いしれる素敵な夜でした。

 直接申し上げるのを失念しておりましたが,御作が健闘されますこと,心よりご祈念申し上げます。

投稿: 侘助 | 2008年11月 5日 (水) 18時04分

いらっしゃいませ。
こちらこそ、お会いできて、うれしかったですよ。てのひら連中はあんな感じでいつでも大騒ぎですw

お心遣い、ありがとうございます。ほんとうにうれしいです。
実ある名誉を手にするのも、大事なことですが、心から祈ってくださる仲間を得ることもこよなく価値あることだと実感した次第です。

僕にとっても、みなさんにとっても佳日となりますように。

投稿: そえ | 2008年11月 5日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/25041800

この記事へのトラックバック一覧です: 文豪怪談傑作選/金井田英津子原画展:

« 幻視コレクションに掲載されます | トップページ | 【告知】幻視コレクション »