« 第八回文学フリマ極私的レポ | トップページ | ブンコロリンがやってきた »

2009年5月30日 (土)

第32回西荻ブックマーク「気弱な古本屋入門 ~ある古本屋の生活と意見~」(スタッフ日記)

5/24 15:30

 この日のメイン出演者はnbmスタッフでもある古書店「音羽館」のご主人、広瀬洋一さんです。
 西荻ブックマーク3周年を記念して、料金も1,000円ぽっきりです(いつもは1,500円)。
 シークレットとして、伏せられていたゲストは岡崎武志さんでした。

 15時半に、会場のスタジオマーレに到着。
 みんなで、本日配布するテキストのコピーを並べ替えて、ホチキス止めする。
 会場設置。
 本日は40名も来場されるので、椅子も工夫して並べます。配布物を席に配ってゆきます。
 プロジェクターも設置されます。

 16時半。そろそろお客さんが見えはじめてきます。

 17時。開演。
 会場の出演者席の左右には、ホワイトボードとプロジェクターがそれぞれ設置されています。ホワイトボードには広瀬さんがトークの種として用意しておい
た単語が、16分割のマス目に挙げられています。


 はじめは緊張気味にお話しされていた広瀬さんも、隣に座られている岡崎武志さんの絶妙な相の手と、適切なフォローによって次第になめらかなトークにな
り、会場の雰囲気もそれにつれてなごやかなものとなってゆきます。


 会場にお越しになったお客さんに将来、古本屋さんになりたいという希望を持ったかたが、何名かいらっしゃって、これには広瀬さんもびっくりされていま
した。


 古書店をはじめる前の広瀬さんの略歴、音羽館が開店するまでの秘話などが、プロジェクターに当時の貴重な写真が映し出されながら、披露されてゆきま
す。
 音羽館のマスコットキャラクターである、「おとわちゃん」も紹介されます。


 休憩をはさんで後半からは、古本の値づけの実際がおこなわれます。古本を持ってこられたお客さんの本をその場で広瀬さんが値段をつけます。古本の価格
はどのような基準で決めるのか、岡崎さんの経験談もはさまれながら、興味深いトークがくりひろげられます。
 中央線沿線のほかの有名な古書店とのつながりも披露されます。


 そのあとは質疑応答。みなさん、積極的に手をあげられます。
 熱が入るあまりに、広瀬さんがホワイトボードに図を書いて説明される一幕も。


 最後には北尾トロさんから、高遠本の家プロジェクトや夏開催予定のイベントの告知が行われました。


 特製おみやげとして告知されていたのは音羽館店内BGM集CDでした。
 これでいつでも、あたかも音羽館にいるかのような気分が満喫できますね。


 そのあとは、打ち上げ、西荻創作料理のお店「カムラッド」にて。

|

« 第八回文学フリマ極私的レポ | トップページ | ブンコロリンがやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/29870505

この記事へのトラックバック一覧です: 第32回西荻ブックマーク「気弱な古本屋入門 ~ある古本屋の生活と意見~」(スタッフ日記):

« 第八回文学フリマ極私的レポ | トップページ | ブンコロリンがやってきた »