« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月 8日 (火)

【読書】東雅夫編『文豪てのひら怪談』

文豪てのひら怪談 (ポプラ文庫 ひ 1-1) Book 文豪てのひら怪談 (ポプラ文庫 ひ 1-1)

著者:東 雅夫
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 小泉八雲、泉鏡花、夏目漱石、岡本綺堂、星 新一、筒井康隆、村上春樹、吉本ばなな、川上弘美と名だたる文豪たちの800字前後と、「てのひら怪談」とほぼ同じコンセプトで集めた怪談集。
 もちろん抄録もあるものの、これだけ多くの作家が掌編怪談を手掛けていたのか、と楽しい気持ちになります。

 毎日、ちょこちょこ読んでいました。

 日本のみならず、中国の六朝時代から清代までの文人の志怪作品までが収められています。

 個人的にうれしかったのは、黒井千次『星からの1通話』から作品が収録されていたこと。

 ショートショート、超短編、てのひら怪談という掌編ムーブメントが起きているさなかで、黒井氏のこの作品集に対しての言及があまり見受けられないことに、物足りなさと残念さをおぼえていたので。

 山下昇平氏による、表紙や挿絵の猫がなんともかわいらしいです。

 続編も希望。今度は世界の文豪てのひら怪談とかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

【読書】黒史郎「夜は一緒に散歩しよ」文庫版

夜は一緒に散歩しよ(MF文庫ダ・ヴィンチ) Book 夜は一緒に散歩しよ(MF文庫ダ・ヴィンチ)

著者:黒史郎
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 黒史郎さんの第1回『幽』怪談文学賞長編部門受賞作の文庫化作品。
 著者にとってのデビュー作にもあたります。加筆修正版です。

 僕は幽ブックスの単行本版も持っているので、文庫一読後に読み比べてみたりもしました。

 大小取り混ぜて、かなりの分量が修正され、加筆もおこなわれております。単行本版の際にはやや、くりかえしの叙述や文章の凹凸も感じたものですが、文庫化に際して、全体を通して地ならしがされ、整いもあらたになった印象です。

 ただし、筋や語り口は変更されていません。

 オカルト作家の横田卓郎は工芸大学在学中に知りあった妻を早くに亡くし、3歳になる娘の千明とともに暮らしている。
 だが、千明には普通の人には見えないものが見えるらしく、彼女の描く絵には不気味なものばかりがあらわされる。
 やがて、卓郎と千明の周囲のひとびとが少しずつ奇怪な行動をとるようになり、ついには謎の失踪したり、不吉きわまりない死を遂げたりするまでにいたる。

 ストーリーテラーの黒氏ならではの底に黒いものが流れるような不気味な導入部。主人公たちの住んでいる神奈川県の鶴見とおぼしき工業都市の夜の河さながらの平穏ならざる雰囲気が伝わってきます。

 初読時はストーリー進行時の視点の切り替えがやや唐突であったこと、ラストがいささか書き急いでいる印象があった本作ですが、大幅な加筆によってだいぶそのあたりの緩やかさも一変しています。

 単行本で読んだときよりも、登場人物の幾人か、卓郎の妻になる美樹さんや弓倉摩耶美の存在を身近に感じました。



 表紙の山下昇平氏による千明ちゃんの造形、および作品の主舞台と思われる鶴見の町並みには一見、すごみがつたわってきます。

 巻末には、黒史郎さんの作家としてデビューされるまでの波乱ありまくりの経緯も披露されていて、ファンは必読です。
 また、現在も続いている黒さんの「妖怪仲間」との出会いや交流の経緯も語られていて、あとから来た身としては、たいへん興味深く読みました。

 巻末の京極夏彦氏による、本作の「怪談」定義をめぐる一文は、怪談好きには、これまた必読の箇所です。

 さらに巻末には、日本物怪観光の天野行雄氏、山下昇平氏という二大アーティストの寄稿も収録されており、お得感ある一冊になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

第一回高遠ブックフェスティバル二日目

8/30 9:30

 ふたたびバスに乗って、高遠へ。
 図書館前広場では、子供たちの古本市が開かれていました。
「ほしい本があったら、買ってください」
「しおりもつきます」
 あとでも触れますが、このイベントは子供たちががんばっていて、町じゅうを子供たちがにぎやかに宣伝してました。
「この売り上げで学校図書を充実させます」と張り紙を胸につけた子供が通りを走りながら、宣伝している姿も見受けました。

 町ではほかにも、高遠の桜のマスコットのイーナちゃんや、二宮金次郎の着ぐるみがニコニコしながら、歩いておりました。

 天野慶さんの短歌喫茶「うたたね」
 バスでいっしょになったかたが、宣伝されていたので、訪問してみました。というより、あの宣伝されているかた、みおぼえのあるひとだなあ、と思っていたら、歌人の村田馨さんでした。「その節はどうも」。昔、いっしょにイベントをやったことがあるのです。お会いするのは7年ぶりほどになりましょうか。
 村田さんは天野さんの旦那さんにあたります。本日、というかこのイベントには天野さんはちょっと事情があってこれないとのこと。いろいろ話す。
 でも、村田さんは七年前と外見が変わっていないなあと思いましたよ。
「西荻ブックマークのイベントにも、ぜひ、いらしてください」

「きのこ文学スポット」
 山羊のメイちゃんにまたしてもいやされました。絵葉書も買いました。

「世界の本の町トーク」
 元祖本の町、ヘイ・オン・ワイをはじめとする、世界の本の町を紹介。
 どの町もいってみたいなあ。
 トークでは、ヘイ・オン・ワイの創設者リチャード・ブースにまつわる裏話などが語られます。僕も質問したりして、トークに参加しました。

090830_1303071   

   

   

   

 お昼は、高遠の有機野菜をがっつりいただきました。カレーも評判よかったです。

090830_1346561   

   

   

   

「本の町シンポジウム」
 ライターの永江朗さんを司会進行に、小布施堂社長市村次夫さん、作家の角田光代さん、駿河台大学教授熊田俊郎さん、そして、われらが北尾トロさんが、本の町について、語られました。ノンストップで2時間半にもわたるシンポジウム。

 開催の前に、高遠こども新聞の号外が、こども記者たちの手によって配られます。こども記者ここでも大活躍です。
 号外では山羊のメイちゃんと角田光代さんの笑顔の写真がまぶしいくらいに輝いていて、よく撮れていました。

 高遠の感想から、今回の企画から、スタッフの裏話まで。
 北尾トロさんが、ヘイ・オン・ワイの創設者リチャード・ブース氏から、「日本の本の町はおまえにまかせた」と告げられたこと、が最高に笑いを取っていました。
 角田光代さんの実に説得力のあるイベントにお得度感をつける話が、面白かった。
 全体を通して、角田さんは鋭い切りこみが多くて、潤滑油役のトロさんとあいまって、トークに花が咲いていました。すばらしい。
 17時に、バスが出るので、高遠をさよならすることに、バスのなかにまで、北尾トロさんがわざわざいらして、ご挨拶してくださるという親切ぶり。
 そして、バスが出発すると、その北尾トロさんをはじめとする、高遠ブックフェスティバルのスタッフのみなさんが、一斉に並んでお見送り。スタッフの緑のTシャツがずらりと立ち並んでいる光景は壮観でした。

 渋滞と雨天に巻き込まれて、予定よりも時間がかかりながらも、新宿へと向かいます。

 シンポジウムでは高遠の地元の方からも感謝の声を聞くことができて、充実した思いでした。地元のかたのじかの声が聞けてこそ、このイベントが続くかどうかも判断ができようというものでしたから。
 好感触でした。

 夏の終わりの涼しい風が吹く、高遠での本の町イベントは、多くの本好き、古書マニア、朗読愛好者にささえられて、大成功になりました。
 本が好きな人がこれだけいるということを身をもって知った有意義で充実したプロジェクトでした。

 スタッフのみなさま、おつかれさまでした。来場されたかたも、まことにありがとうございました。

 来年もまた、高遠が本の町になりますように。このイベントが続きますように。また、みなさんに会えますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

第一回高遠ブックフェスティバル一日目

8/29 6:45

 新宿駅のバス乗り場にて集合。
 高遠ブックフェスティバルのツアーバスに乗って出発。バスは満員。高遠の本の町イベントにこれだけの男女が向かおうとしているのだと思うと、すでに心が弾みました。
 西荻ブックマークで普段いっしょになっているひととも同じバスや違うバスでのPAでの休憩中にばったりしたりする。

 高遠にゆくのははじめて。北尾トロさんをはじめとするNBMのメンバーが本の町プロジェクトのためにがんばっているので、一度は訪れたいと前から思っていました。
 桜で有名な高遠だけれども、桜並木なんてもんじゃないくらいに一面に生い茂った桜の樹を見る。これは春の花盛りはすごい光景になるだろうなと思った。

 渋滞のため、一時間ほど遅れて到着。
 もっとも、昨夜は興奮してあまり眠れなかったので、バスのなかで熟睡していて、遅れもあまり気にならなかった。

 図書館の前の公園に到着。屋台が出まわっていた。図書館の前の広場には絵本画家のスズキコージさんによる段ボールでのアートが製作されているさなかでした。
   
090829_1221171   
   
   
   
   
   
  
 ちなみに、この町ぐるみのイベントは書店古書店のみならず、図書館まで協力してくれています。
   
090829_1506221    
   
   
   
   
   
   
   

 公園を降りて、町の路地を歩けば、そこかしこに本棚や、文庫本が吊るされていたりして、いかにも本のイベントの装い。白地に緑の道案内板もいたるところに置かれています。
   
090830_1102281    
   
   
   
   
   
 メインストリートでは、広場やそこかしこのお店がイベントにあわせて、品ぞろえや市場をなしています。
   
090829_1252331    
   
   
   
   
 古本即売会もにぎわっていました。paradisの岩崎さんや木村カナさんが売り子をしていた。本の家でも、NBMで一緒のひとが売り子をしていました。
 緑のTシャツがスタッフのめじるし。

 トークショーなどは事前に予約が必要で、僕はそれを当日になって知ったので、飯沢耕太郎さんのきのこ文学トークにも参加できず。無念。
   
090829_1536181    
   
   
   
   
   
 きのこ文学会場の「きのすず」では山羊のメイちゃん(メス)がお出迎え、草を食べながら、みなさんをいやしてくれます。ときおり、メエメエ鳴いてくれるファンサービスぶり。
 夏の終わりの高遠の暑さまで、吹き飛ばしてくれます。
   
090829_1611571    
   
   
   
   
090829_1612491    
   
   
   
   
090829_1613581    
   
   
   
   
   
 店内はキノコの展示でいっぱい。
 椅子やテーブル、クッションにいたるまでがキノコという徹底ぶり、キノコ関連図書も充実でキノコの国に来たみたいです。

 日が暮れると、高遠の町の道沿いに、いたるところにおびたただしいキャンドルが設置されます。
   
   
090829_1821191    
   
   
   
   
   
   
   
   
090829_1838231   
   
   
   
   
 通りで北尾トロさんに声をかけられる。トロさんは元気だ。

 図書館ではライブイベントが。

 夜になって、バスで投宿先に、ご飯食べて、温泉に入って、出て、ちょっと横になったつもりが、そのまま寝てしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »