« 吉原異界怪散策 | トップページ

2011年5月15日 (日)

第52回西荻ブックマーク 「きのこと文学、詩、短歌とその周辺」

51anwegdmpl__sl500__2  2011年5月15日(日)
「きのこと文学、詩、短歌とその周辺」

出演(五十音順):
飯沢耕太郎
石川美南
高原英理

会場:今野スタジオマーレ
http://nishiogi-bookmark.org/access/

開場:16:30/開演:17:00
料金:1500円
定員:30名
要予約

『きのこ文学大全』の著者、飯沢耕太郎さんと、きのこ偏愛歌人、石川美南さん、きのこ小説の作者、高原英理さんの3名がきのこを題材にした世界の詩歌や文学を通して、きのこの魅力と世界について熱く語ります。


飯沢耕太郎(いいざわ・こうたろう)
 写真評論家、きのこ文学研究家。著書に『きのこ文学大全』、『きのこ文学名作選』、『世界のきのこ切手』、『マジカル・ミステリアス・マッシュルーム・ツアー』ほか。『文學界』2010年1月号から11年3月号まで「きのこ文学の方へ」を連載。

石川美南(いしかわ・みな)
 歌人。歌集『砂の降る教室』、私家版『夜灯集』、私家版アンソロジー『夢、十夜』ほか。
橋目侑季(写真・活版担当)と共にHP「山羊の木」(http://www.yaginoki.com/)を運営。
仕事先でテングタケの大群を発見し、黒スーツにストッキングという格好のまま森に寝そべってうっとり写真を撮り続けている姿を、同僚に見られたことがある(去年)。

高原英理(たかはら・えいり)
 作家。昨年『文學界』に小説「日々のきのこ」を発表。著書に、小説『神野悪五郎只今退散仕る』、『抒情的恐怖群』、評論『少女領域』、『ゴシックハート』、『月光果樹園―美味なる幻想文学案内』などがある。
HP「アナベル・フィステ」(http://homepage3.nifty.com/annabel/)
ブログ「記憶測定」(http://miminokioku.air-nifty.com/sokutei/)



 イベント内では、出演者御三方による、詩、短歌、小説のミニ朗読会も行われます。


001_3  また、イラストレーターの岩里藁人さんによる、きのこ妖怪の鑑賞会も予定しています。会場では、絵巻、豆本、絵葉書などのきのこグッズの展示や販売も行います。
 
 

  
 
 
002_3 岩里藁人(いわさと・わらじ)
「きのこ」「妖怪」「怪談」の三本柱をテーマに絵を描いたり、文章を書いたり。ふたつの世界の境界線上に在るものに興味を惹かれます。趣味は「不思議の国のアリス」の挿絵本収集と芋虫が乗っているきのこの観察。
ブログ「きのこ妖怪の森」 
http://blog.livedoor.jp/warajin2009/
 
 
 
 
 
 
003_2  
 西荻がきのこに埋めつくされるひととき。きのこ好きのみなさん、ぜひ、お越しになってください。

※画像は岩里藁人氏のご承諾のもとに使用しております。

|

« 吉原異界怪散策 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185287/39818918

この記事へのトラックバック一覧です: 第52回西荻ブックマーク 「きのこと文学、詩、短歌とその周辺」:

« 吉原異界怪散策 | トップページ